×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミニ四駆レーシングジャパン










タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバー S ブログパーツ(ブラック)








 19mmプラリンを良く回るようにする。


 新品を買ってきて脱脂をしてもスムーズに回らない
 (旧タグは特に回りません!!)プラリンを回るようになる
 方法を紹介!


 まずは520ベアリングを外す方法を。

 MS用カウンターギアと長めのビスとナットを用意します。
  


 写真のように組み立てます。
 (注!!)
 プラリンがカウンターギヤに当たる面は出っ張っている面です。
 テーパになっているので、プラリンの平らな面側からは抜けません^^;
  


 ナットが空回りしないように固定しながらビスを締めていきます。
 このときプラリンとカウンターギヤのセンターは合わせておきます。
 

 スポン!
 と抜けました。
 抜けたベアリングは脱脂して注油しておきましょう!
 


 ベアリングの抜けた面を丸棒やすりで慎重に削っていきます。
 一度にやりすぎるとベアリングがスッポスポになりますので、
 手間はかかりますが、少し削ってベアリングをはめて空転させてみて
 ダメならまたベアリングを外して削っての繰り返しです。
 


 思い通りに空転していますか?
 あ!ベアリングを圧入するときは布を間にはさんでペンチでパチン!でも
 良いですが、100均のものでも良いので万力やクランプを使うとまっすぐ
 入りますよ!

 ちなみに、削りすぎてスッポスポ!になったときは・・・
 私は削った面にタミヤのネジ止め剤を薄く塗ってベアリングを圧入しています。



 ミニ四駆は小さな手間の積み重ねがタイムに繋がります。
 速さを求めるなら面倒でもこのような作業はしたほうが良いですよ!!



                        



 

   
 


Copyright(C)2009 ミニ4駆 ミニよんく本舗 All Rights Reserved