ミニ四駆レーシングジャパン










タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバー S ブログパーツ(ブラック)








 ベアリングを脱脂して回転アップ


 ボールベアリングは出荷時にサビつかないようにあらかじめグリスが塗っており、
 買ってきた段階ではローラーの回転がスムーズではありません。
 そこで、そのグリスを一旦取り除き脱脂をして、ローラーの回転を軽く滑らかにし、
 長持ちさせる方法です。ミニ四駆は小さなホビーですが、使っているものは
 高級なものがありますね^^

 お手軽編

 @空きびんを用意します。
  私はタミヤカラーのスペアボトルを使っていますが、フィルムケースなどでもOKです。
 
 A@で用意したビンにベアリングを入れ、「Zippoオイル」をベアリングが隠れるくらい
   まで注入しふたを閉めて1〜2分間くらい容器をシャカシャカ振ります。
   ちなみに「Zippoオイル」は高けーよ!と言う方は100均のオイルライター用オイル
   でも問題ありません^^
 
 B終わったらベアリングを取り出してティッシュ等でオイル分をふき取ります。
  最後にサビないようにオイルを「一滴」さします。
  使用するオイルはKATOのユニクリーンオイルやオイル一滴すっきり君などの
  サラサラ系のものを使用します。
  オイルは付けすぎると脱脂した意味がなくなるので、ほんの少しで良いです。


 少しの手間で性能アップ編
  
 「お手軽編」でも回転アップはするのですが、少しの手間でもっと回る方法は以下の
 ようになります。
 最近までは私もお手軽でやっていたのですが、あるミニ四駆レーサーさんのアドバイス
 もあり今はこの方法で脱脂しています。


 @買ってきたベアリングをマシンに装着し、10分ほど走らせます。
 
 Aマシンからベアリングを外し、空きびんに入れ「Zippoオイル」を注入し1〜2分
  シャカシャカし、そのままで1日ほど放置します。

 B翌日、「Zippoオイル」を全部捨てて、新しいものを注入して1〜2分ほどシャカシャカし、
  そのまま1時間ほど放置する

 C最後にもう一度シャカシャカしてベアリングを取り出してティッシュ等でオイル分を
  ふき取り、最後にお手軽編Bで紹介したオイルを「少量」さします。

 多少めんどくさいですが、この方法ですと出荷時のグリスはほとんど抜けている
 ようで、空転させると「シャー!」とブン回ります^^
 なお、@の脱脂前の慣らしは教えていただいてから必ずやっていますが、
 金属同士の慣らしも取れているようなのでオススメです。


 ちなみに・・・

 ベアリングは長期間使っているので劣化したりゴミやほこりが入るなどで
 だんだん回転が悪くなってきます。
 たまにチェックして、お手軽で良いので洗浄し、空転させたときにガリガリと音がしたら
 そのベアリングは使わないのが吉です。
 なお、プラリンや旧WAは520ベアリングを圧入しているために脱脂とは関係なく
 回りが悪いことも良くあります。それに関しては後ほど・・・
 
 ベアリングは高価なパーツですので日常のメンテナンスをしっかりして
 大事に使いましょうね^^


                        



 

   
 


Copyright(C)2009 ミニ4駆 ミニよんく本舗 All Rights Reserved