×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミニ四駆レーシングジャパン










タグ・ホイヤー リンク クロノグラフ キャリバー S ブログパーツ(ブラック)








 MSシャーシ 慣らしでギヤを静かにする。(初級編


 ミニ四駆の他のサイトでは抵抗抜きやギヤ加工などを紹介しているところも多いの
 ですが初心者がいきなりそれらをすると、遅くなる可能性が高いです(汗)
 (実際私もそこにハマりました。)
 特にMSシャーシは素のままで慣らすだけで速くなるので、まずはここから
 始めましょう!!

 1 まずはマシンを組み立てます。このときギヤにはグリスを付けないでおきます。

 2 電池を入れ、タイヤが地面に付かないように台に固定し、スイッチオン。
   (固定する時は、テープなどでしっかり固定しないと振動で台から落ちちゃいます)

 3 音を聞いてみて下さい。組んだままの状態だと、かなり音がウルサイです。
   そのままの状態で、前後のバンパーを持ち、左右にひねって見てください。
   余程の「当たり」シャーシでなければここで音が大きくなります。

 4 そのまま回しながら、1分おきに先程ひねったときに音がうるさい方向に
   ひねって10秒ほど保持し、はなしてまた1分後にひねる・・を10分ほど続けます。
   (目安で10分と書いていますが、実際には「最初より静かになる」まで
   続けるのが正解です。

 5 最初より静かになったな〜!と思ったらスイッチオフをして、マシンをバラして
   シャーシ、ギヤの削れたカスをハブラシや綿棒を使って掃除します。
   このときギヤの組み合わせを変えないように分かるようにして作業してください。

 6 ギヤにグリスを付けますが、チューブから直接つけるとコッテリ!付いてしまい
   グリスの粘度が抵抗になってしまうので、綿棒にグリスを塗ってそれをギヤに
   こすりつける感じでグリスを塗ります。

 7 始めに組み立てたギヤの組み合わせどおりにマシンを組み立て、もう一度
   台に固定し、「4」と同様にひねりながら10分ほど回します。


 これで、慣らしは終了です。
 表示の時間ですが、納得いく状態まで持っていくには20、30分、それ以上も
 まわす事もありますのであくまでも目安と言う事で! ^^
 ポイントはギヤが静かになる事なので、常に音は気にするようにして下さい。
 私の経験上、ミニ四駆の速いマシンは静かなマシンであることが多いです!!

 注! 上記方法はあくまでギヤがうるさいとかスムーズじゃないと言うときには
 有効ですが、出来の良いシャーシや当たりシャーシに同じ事をすると寿命が
 短くなったりする場合があるのでご注意下さい。


                        



 

   
 


Copyright(C)2009 ミニ4駆 ミニよんく本舗 All Rights Reserved